補整下着 の 必要性 と 洋服

補整下着というと体のライン、ボディラインを美しく整えるためだけの下着というイメージが強くあります。また、あまり良いイメージを持たれない傾向があります。それは、補整下着の必要性が浸透していないからでしょう。また、崩れた体型を整えるための補整下着というのは、下着ではなくて、道具であるというイメージを持たれていることもあります。

補整下着の役割

補整下着は、ファウンデーションと呼ばれる基礎衣類のことです。その昔、西洋ではドレスを着る前には、必ず補整下着(ファウンデーション)を着用して、体のラインを整えてから、フォーマルなドレスなどを着ていました。体の曲線美は女性特有のものです。豊かなバスト、くびれた腰、大きなヒップ は 女性ならではの美しさを感じさせます。そして、美しさだけではなく、女性本来の優しさや母性愛を感じさせてくれます。

体型を整える文化

洋服は海外から入ってきた衣類の文化であり、文字通り西洋の文化が取り入れられているから洋服と呼ばれています。そもそも、洋服を着る前には基礎衣類である補整下着を着用して、その上に洋服を着るという文化がありました。ですが、日本では補整下着を着用することなく洋服を着ています。補整下着を着用してから、洋服を着ることで、女性としての美しい体のラインを魅せることができます。

その他の記事も併せて読んでみてください