補整下着と普通の下着の違い

補整下着と普通の下着の大きな違いは、お肉をおさめて整えることができるかの違いです。

普通の下着

一般的な下着というのは、重ね着するときの外衣の下に着用する衣服の事を指しており、肌に近く着る衣類のことです。下着と似た様な意味で使われるようになってきた肌着があります。肌着は、肌に直接つける衣類のことです。衛生面、肌の保護をするという意味があります。

靴下、シャツ、パンツなどは下着に分類されますが、本来は肌着です。

ブラジャーも下着に分類されますが、一般的なブラジャーは締め付けするものの、流れてしまうお肉をおさめて整えるという機能がありません。ですから、長期間に渡って流れてしまったお肉が体型の崩れなってしまいます。下着の選び方が間違っていると言われるのは、お肉をおさめることができずに、流れてしまって、間違った場所にお肉が留まってしまうからです。気になる人は自分の下着をチェックしてみては如何でしょうか。

 

補整下着

補整下着の場合は、簡単に言ってしまえば、お肉をさおめて整えることができます。そして、適切な位置でホールドすることで、美しい体型にみせることができます。補整下着は基礎衣類のことであり、ファウンデーションと呼ばれています。体型を補整するための下着という意味があります。

体にピッタリと張り付くような洋服を着ると体のラインが外見からでもはっきりと判ります。補整下着を着用することで、美しい体型に整えることで、ボディライン、シルエットを美しく魅せるという目的があります。ブラジャー、ガードルなども補整下着のひとつであり、ファウンデーションです。

 

その他の記事も併せて読んでみてください