女性の美しさは細い、太いではない

女性の美しさ、女性のスタイルの良さの基準のひとつとして、体が細い、体が太い というのがあります。平たく言ってしまえば、体型が細いのか太いのかということです。ただ、女性の美しさ、女性のスタイルの良さというのは、細い、太い だけで決め付けることはできません。

 

女性の美しさは、体が細い、太いではない

どうしても、女性の体の細さや太さなどを気にしてしまうのかということを考えると、女性らしい体の特徴である くびれ がハッキリしているのかどうかということがポイントになってきます。

太ってくると、ウエストが太くなり、お腹も出てきてしまうこともありますし、脚も太くなってきます。となると、女性らしい、体のくびれが見つからなくなり、女性としての美しさが半減してしまいます。ですから、本当は痩せているから良いという訳ではなく、女性らしい体のくびれを維持していることが大切であるということです。

多少、太くても全身のバランスを整えることで、女性らしさを演出することができます。全身のバランスを整えるというのは、背中の肉、お腹の肉、脇の肉などの無駄肉を補整下着で引き締めて、体型を整えることです。ふくよかな女性なれば、ふくよかでありながらもバランスの取れた体型に整えることができます。

 

女性は、もともと美しい体型を持っている

体が細い、体が太い ということは女性の美しさには、あまり関係はありません。もともと、女性は美しい曲線美の体型を持っているのですから。

ただ、今まで自分の体型に気を遣ってこなかった場合は、バストやヒップが下垂してしまっていることもありますし、脚が太い、腕が太いという悩みを抱えている場合もあります。もともと、女性はある程度の肉付きがあり、ふくよかな体をしています。それは、いずれは子供を宿すための準備ともいえますし、女性ならではの宿命です。

ふくよかで肉付きが良いのであれば、自分の体型を把握して、女性特有の曲線美である体のラインを美しくすることで、バランスのとれた体型にすることもできます。豊かなバスト、大きなヒップ、だけど深く括れたウエストを演出することができます。補整下着を着用すれば、体型を整えて、美しいボディラインにすることができます。

細い女性が良い、細い女性の方が綺麗だと言われる理由としては、体は細いけどバスト、ヒップが大きく出ていて、女性らしい体のくびれが魅力的なのでしょう。

自分の体型を把握して、自分らしさを追及することが大切です。
そのお手伝いができるのが補整下着です。

 

補整下着の役割

補整下着で体型を整えることはできますが、あくまでも補整下着を着用しているときに限ります。衣服を着たときに、外観として体のラインがはっきりと窺えます。外見から衣服のシルエットを美しく見せるために整えるのが補整下着の役割です。体に変化を与えたりするわけではありませんので、ご注意ください。

 

その他の記事も併せて読んでみてください