女性の美しさは細い、太いではない

女性の美しさ、女性のスタイルの良さの基準のひとつとして、体が細い、体が太い というのがあります。平たく言ってしまえば、体型が細いのか太いのかということです。ただ、女性の美しさ、女性のスタイルの良さというのは、細い、太い だけで決め付けることはできません。

女性の美しさは、体が細い、太いではない

どうしても、女性の体の細さや太さなどを気にしてしまうのかということを考えると、女性らしい体の特徴である くびれ がハッキリしているのかどうかということがポイントになってきます。

太ってくると、ウエストが太くなり、お腹も出てきてしまうこともありますし、脚も太くなってきます。となると、女性らしい、体のくびれが見つからなくなり、女性としての美しさが半減してしまいます。ですから、本当は痩せているから良いという訳ではなく、女性らしい体のくびれを維持していることが大切であるということです。

多少、太くても全身のバランスを整えることで、女性らしさを演出することができます。全身のバランスを整えるというのは、背中の肉、お腹の肉、脇の肉などの無駄肉を補整下着で引き締めて、体型を整えることです。ふくよかな女性なれば、ふくよかでありながらもバランスの取れた体型に整えることができます。

女性は、もともと美しい体型を持っている

体が細い、体が太い ということは女性の美しさには、あまり関係はありません。もともと、女性は美しい曲線美の体型を持っているのですから。

ただ、今まで自分の体型に気を遣ってこなかった場合は、バストやヒップが下垂してしまっていることもありますし、脚が太い、腕が太いという悩みを抱えている場合もあります。もともと、女性はある程度の肉付きがあり、ふくよかな体をしています。それは、いずれは子供を宿すための準備ともいえますし、女性ならではの宿命です。

ふくよかで肉付きが良いのであれば、自分の体型を把握して、女性特有の曲線美である体のラインを美しくすることで、バランスのとれた体型にすることもできます。豊かなバスト、大きなヒップ、だけど深く括れたウエストを演出することができます。補整下着を着用すれば、体型を整えて、美しいボディラインにすることができます。

細い女性が良い、細い女性の方が綺麗だと言われる理由としては、体は細いけどバスト、ヒップが大きく出ていて、女性らしい体のくびれが魅力的なのでしょう。

自分の体型を把握して、自分らしさを追及することが大切です。
そのお手伝いができるのが補整下着です。

補整下着の役割

補整下着で体型を整えることはできますが、あくまでも補整下着を着用しているときに限ります。衣服を着たときに、外観として体のラインがはっきりと窺えます。外見から衣服のシルエットを美しく見せるために整えるのが補整下着の役割です。体に変化を与えたりするわけではありませんので、ご注意ください。

下垂したバスト を デコルテメイク する ブラジャー

エイジング世代の女性の中でも最も気になるのがバストの下垂です。バストは顔に近い部位ですから、目に付きやすいということもあり、気にされる女性はとても多いです。また、垂れ下がってきたバストというのは、自分でも気になるものです。自分が気にしているのですから、他人も気づいているかもしれないと思ってしまうものです。自分の体型を気にして、その体型を元の美しい形に戻そうと考えているのであれば、デコルテメイクするブラジャーがオススメです。

バストは顔の近いということもあり、目につきやすいということもあり、女性がもっとも気にする部位です。バストの悩みといえば、胸が垂れ下がってしまった、脇の肉が気になる、バストのお肉が背中に流れてしまったなどがあります。

とくに、トップバストが下がってくると魅力的なバストが台無しになってしまいます。場合によっては、トップバストかアンダーバストなのか判らない状況になってしまうこともあります。デコルテメイクで魅力的で豊かなバストを!
 

デコルテメイクするブラジャーで魅力的な胸元をつくる

下垂したバストを寄せて、上げます。美しいバストの黄金の三角形がつくられます。しっかりと、谷間がつくられますので、女性としての魅力が蘇ります。ブラジャーはバストが揺れないようにするだけではありません。自分のサイズに合わせたブラジャーを使用し、自分のバストの形を整えるという役割があります。ブラジャーの使い方、ブラジャーのサイズを自分に合わせて、適切な使い方をすることが大切です。

日本人は下着に疎い。補整下着の必要性も曖昧

日本という国の衣服は昔から着物でした。和装、和服といえば着物であり、それは日本文化のひとつとされています。現代でも女性の場合、着物や浴衣の下には下着を付けないと言われている通り、昔から女性の下着文化は疎かったのです。

実際は下着をつけてないといっても、腰巻の様に布を巻いていました。また、バストは胸が揺れないように晒(さらし)を巻く程度でした。また、着物や浴衣を着たときには体のラインが判らないようにしようとしていたという風習もありました。

西洋では、基礎衣類であるファウンデーションで体型を整えてから、洋服を着るという文化がありました。洋服の下に着る、下着は体型を整えるという役割を担っており、洋服を着たあとに体のラインを美しくみせるという考えがありました。基礎衣類であるファウンデーションこそが、補整下着と呼ばれるものです。

西洋ではスタイルが美しく見えるということから、コルセットが長い間に渡って愛用されてきています。コルセットも基礎衣類であるファウンデーションのひとつであり、補整下着に分類されます。

日本と西洋の違いとしては、日本では衣類を着たあとで体のラインが強調されないようにしようとしていました。逆に西洋では洋服を着たあとに体のラインを綺麗に見せるという考えがありました。ここで、既に日本と西洋との考え方の違い、文化の相違というものがあります。

考え方の違い、文化の相違というものがあるにも関わらず、日本には洋服という西洋文化が入ってきます。ですが、日本は下着に疎かったということもあり、体型を整えることを考えずに洋服を着るようになりました。そういった文化の違いなどもあり、日本では下着の概念、考え方、下着の役割などに関する認識の薄さがあります。

ブラジャーは乳房を覆うことができれば良いという安易な考えが定着してしまったのかもしれません。

現代の日本では和装、和服よりも洋服が一般的となっており、誰もが当たり前のように洋服を着るようになりました。ですが、体型を整えるための考え方が浸透していないので、体型が崩れたまま洋服を着てしまいます。これは、下着を重要視してこなかった日本文化のひとつとも言えます。

つまり、西洋では下着というのは、基礎衣類であるファウンデーションのことを指しており、体型を整える役割があるということを認識しています。そして、基礎衣類であるファウンデーションで体型を整えてから、洋服を着るという文化があります。

基礎衣類であるファウンデーション、補整下着の有用性を真剣に考えてみることも大切です。

背中にブラジャーが食い込んでいるのを治したい

ある程度の年齢になれば、下垂に勝つことができなくなり、体の肉が下がってきてしまいます。下垂だけならまだしも、肉が広がってしまうこともあります。

ブラジャーを着けると、ブラジャーのストラップが背中に食い込んでしまって、とても残念な後姿になってしまうこともあります。背中の肉にブラジャーのストラップが食い込んでいる姿は、見苦しさを通り越して、醜さを感じるという人も居るようです。

ブラジャーのストラップが食い込んだ見苦しい自分の背中に嫌気がさして、背中に食い込まないような、締め付けの弱いブラジャーを選ぶという女性も居るようです。必ずしも締め付けるブラジャーが良いというわけではありませんが、バストの形を整えながら、脇肉を寄せて、背の肉を引き締めてることができれば、見苦しさを解消することができます。

ブラジャーのストラップが背中に食い込んでしまうようになった原因としては、今まで、自分の体に合ったブラジャーや下着を着用してこなかったことも理由のひとつでしょう。

バストは、形を整えながら、肉を集めておかなければ、バストの肉が背中へ移動してしまうこともあります。適切なブラジャーを使うことは、美しいバストを維持することにつながります。

バストの形を整えて上げる

脇肉を集め、背中に流れてしまったお肉を引き締めて、バスト寄せて上げることで、魅力的なバストを演出することができます。バストの形を整えて、位置を上にすることで、しっかりと谷間がつくられます。下垂したバストの位置が上になるだけでも、美しいバストの形が強調されます。そして、美しいバストの証である、黄金の三角形がつくられます。


ブラジャーのストラップが背中に食い込んでしまって、見苦しい後姿で悩んでいる場合は、補整下着を試してみると良いです。背中の肉、脇肉が多くて、ブラジャーのストラップが食い込んでいるというだけで、加齢を感じさせます。補整下着でスッキリとした背中、綺麗なバストの形、綺麗なウエストのくびれにすることができます。

彼氏とデートのときに補整下着を着用する?

独身女性のひとつの悩みとして、彼氏とデートするときに補整下着を着用するのか、どうかということです。彼氏とデートをして、その後にラブチャンスが来たら、どうしようかと悩んでしまうこともあります。

女性 の 考え

補整下着は、あくまでも自分の体型を整える基礎衣類であるから、彼氏に見られたくない、好きな人に見られたくないという気持ちはあるようです。補整下着が必要ということは、それだけ醜い体だということを知られたくないというデリケートで繊細な気持ちを持つものです。崩れた体型を彼氏に見られたら、嫌われてしまうかもしれないという不安を持つこともあります。そういった気持ちから、服を脱ぐことができずに、せっかくのラブチャンスを逃してしまったという女性も居るようです。

ただ、最近の補整下着は、とてもお洒落ですし、エレガントさを感じさせるタイプが増えてきています。一見、補整下着には見えないデザインとなっているタイプも増えています。どちらかというと、補整下着というよりはランジェリーっぽいエレガントさを兼ね備えています。

彼氏とデートのとき

デートのときに補整下着を着用しては、いけないということはありません。ただ、自分が女性として、体型が崩れてしまっているということを知られたくない、恥ずかしいからというのが大きな理由になっているはずです。そして、もしかしたら彼氏と今以上に親密になれるチャンスなのかもしれません。そういったときには、あからさまに補整しているという雰囲気の下着にしないことです。ボディースーツ、シェイパーなどは補整をしているということが一目瞭然です。せめて、ブラジャーとガードル程度くらいが良いでしょう。

補整下着に見えない補整下着

補整下着であることが判らないような補整下着もあります。ブラジャーと一体化した、キャミソールタイプもあります。体型を整えるだけではなく、可愛らしさ、女性らしさを演出できます。補整というよりは、ランジェリーのような可愛らしいタイプもあります。

男性 の 考え

補整下着というものが何かを理解してないこともあります。また、補整下着を着用していたとしても、美しくみせようとする相手の女性の努力に嬉しさを感じることもあります。そもそも、男性は女性の下着を直視することは少ないのかもしれませんし、女性が着用する下着の効能に関しても理解してないことが多いです。

男性の場合は、補整下着を見たとしても、補整するための役割があることを理解していないことが多いです。それよりも、可愛らしいランジェリーだと思っていることが多いようです。

 


理解力のある男性、彼氏であれば、補整下着を着用していることの必要性や大切さに同調してくれるはずです。ただ、女性としては、彼氏や好きな男性には補整下着を絶対に見せないという女性も居るのはたしかです。相手の男性との理解を少しずつ深めていくことが最も大切なことなのかもしれません。

彼氏 や 好きな人に 体型が崩れていることを指摘されたら

彼氏や好きな人に自分の体型が崩れていることを指摘されたら・・・それは、恥ずかしいどころから、女としての魅力が無いのかもしれないと思ってしまいます。ましてや、好きな男性、恋人に体型が崩れていると言われたら、ショックで寝込んでしまうかもしれません。

男性というのは、女心をわかっているようで、分かってないことの方が多いのです。

自分が好きな男性、彼氏、恋人に体型が崩れているなんて言われたら、気持ちが滅入ってしまいますし、あまりにもショックで会いたいという気もちすら失せてしまいます。ただ、落ち込んでいるだけでは、何も変わりません。

体型が崩れていることを指摘されたのならば、体型を整えて、美しい体型、美しいボディラインを作れば良いのです。

もともと、女性用の下着というのは、体型を整える意味があります。体型を整える基礎衣類、ファウンデーションとして、ブラジャー、ガードルなどがあります。ファウンデーションと呼ばれる基礎衣類である、ブラジャー、ガードルなどで体型を整えて、ボディラインを美しくしてから洋服を着るというのが、昔からの習わしであり、西洋文化のひとつなのです。洋服も文字通り洋風の服であり、もともとは西洋文化の流れからきています。

今まで、自分の体型を気にすることがなかったのであれば、体型は崩れるばかりです。そろそろ、自分の体型を気にして、補整下着を着用することを考えるのことも必要です。

補整下着を着用しているということが、バレるのが嫌だという気持ちもあるかもしれません。ですが、そもそもブラジャーは補整下着のひとつです。ワイヤー入りのブラジャーがあったりするのも、バストの形を整えることを前提としているからです。

最近では、ウエスト周りの形を整えるウエストニッパーだけではなく、ボディシェイパーと呼ばれる補整下着もあります。腰のくびれを整えるウエストニッパーとバストの形を整えるブラジャーが一体となった補整下着です。腰のくびれを強調するには、腹部を抑えて、引き締めることが必要です。そして、形の良い豊かなバストとの凹凸の差が女性らしい、くびれ 美しいボディラインを引きだしてくれます。

また、補整下着であるということが、一目では判らないような、お洒落で女性らしいデザインとなっているタイプも多くなってきています。彼氏 や 好きな人に 体型が崩れていることを指摘されたら、補整下着で体の崩れを整えて、美しいボディラインで、いつもと違う女性を演出してみるのも良いでしょう。

いつまでも若い頃の様な体型を維持することは難しいです。バスト、ヒップは下垂してしまいます。補整下着で、女性本来の美しさ、自分の美しさを蘇らせてみるという考えを持つことも必要です。

補整下着 は 女性 の 体型崩れ を 解消できます

体型の崩れは女性特有の悩みです。もちろん、男性でも体型の崩れを気にされる人は居ます。ですが、女性の場合は何歳になっても、美しくありたい、綺麗にみせたい、いつまでも美しさを追求する気持ちを持っているはずです。ただ、加齢と共に体型が崩れてしまうことを避けることはできません。

バスト の 崩れ

女性の体型の崩れのなかで最も気になる部位といえば、胸、バストです。やはり、顔に近い部位であることから、目につく、見られやすい部位でもあるため、バストの形を気にする女性は多いです。バストは骨格があるわけではありませんので、形が崩れやすいです。そのために、ブラジャーがあります。ブラジャーは、下着なのですが、どちらかというとファウンデーション(基礎衣類)に分類され、形が崩れないように補整するという役割があります。故にブラジャーにはワイヤーが入ったタイプがあったり、バストの形を整えるだけではなく、左右から寄せて、押し上げようとするタイプのブラジャーもあります。

ウエスト の 崩れ

ウエストの崩れを感じたら、ウエストニッパーを着用すると良いです。ウエストニッパーは胸から下のウエスト周りのラインを補整することができます。腹部を引き締めて、美しいラインにすることができます。ウエストニッパーは、シェイパーと呼ばれることもあります。似た様なファウンデーションとしては、コルセットがあります。

ボディシェイパーは、ウエストニッパーとブラジャーが一体化したファウンデーションとなっており、バストとウエスト部分 両方をひとつのボディシェイパーで補整ができるので、とても便利です。

ウエスト部分の崩れというのは、垂れ下がっていることもありますが、腹部の形状により、崩れてしまっていることが多くあります。腹部を引き締めることで、シャープなラインを取り戻すことができます。

ヒップ の 崩れ

ヒップの崩れを感じたのであれば、ガードルがお勧めです。ガードルはパンツ型となっており、腹部、ヒップを補整することができます。

ガードルにはショートガードルとロングガードルがあります。ショートガードルは太ももまでのタイプです。ロングガードルは太ももまで覆って補整することができます。

腹部を引き締めて、ヒップを整えて、美しいラインにします。

崩れてしまった体型

女性であれば、いつかは感じる下垂、弛みなどは、加齢の影響もありますが、若い女性でも体型が崩れてしまうこともあります。胸は下がり、胸の谷間は無くなり、ブラジャーのホックが背中に食い込んだりします。場合によっては、足かお尻かわからない、あしり になってしまうこともあります。

補整下着で体型を整える

補整下着を着用することで、文字通り体型を整えることができます。背中に流れてしまった肉を戻して、豊かなバストを演出します。お腹まわりを引き締めて、上向いた健康的なヒップにすることができます。

補整下着の威力

補整下着を着用することで、バストのトップとアンダーの差が大きくなり、豊かで形の良いバストを演出することができます。また、ウエストのくびれとの相乗効果で、美しいボディラインとなります。出ているところと引き締めているところの差があるからこそ、女性らしい曲線美の体型は美しさを感じます。女性らしい綺麗な体型は、異性からだけではなく、同性の女性からもうらやましがられることでしょう。

植物プラセンタサプリで綺麗なオンナに

補整下着で体型を整えることは大切ですが、体の内側から美しなることも大切です。最近は、動物性プラセンタよりも植物性プラセンタサプリが人気です。植物性100%の栄養成分でホルモンバランスを整え、健康な体に改善することで、体の内側から美しくなれます。