体型の崩れを気にするのは何歳から?

女性が体型の崩れを気にするのは何歳くらいなのでしょうか。それこそ、個人差がありますし、考え方に差異もあり、一概には言えません。20歳代の女性でも体型の崩れを気にする場合もあります。

女性が体型の崩れを気にするタイミングなどを考えてみたいと思います。

 

出産後 の 体型崩れ

出産後の体型の崩れというのは、出産をした女性ならではの悩みです。ですから、年齢に関わらず出産をした女性で、自分の体型を気にしているのであれば、出産前と出産後の自分の体型の変化に気づいているはずです。出産後、顕著に体型の変化を感じるのは、お腹です。出産後は、どうしても垂水として残ってしまうことが殆どですし、その垂水で悩む女性も多いです。

 

エイジング世代 の 女性

エイジング世代の女性であれば、自然と体型が崩れてきます。一般的には30歳代から40歳代と言われています。体力も衰えてきますし、筋力も衰えてきますから、自然と下垂してしまい、昔に比べてバストトップが下がってきた、お尻が下がってきたと感じることもあります。

そして、何故か体型が崩れてくることを感じると、猫背になりがちになってきます。これも、またエイジング世代の特徴でもあります。体型だけではなく、姿勢すら下向きになってしまうという女性も多いようです。

ある程度の年齢になったら、自分の体の体型のことを考えて、体型が崩れてしまわないようにすることで、いつまでも美しさを保つことができます。

人前に出る女性は補整下着でセルフブランディング

昨今、セミナーや講演などの開催が増えており、様々な知的情報提供が行われています。セミナー、講演などが開催されるということは、人前でスピーカーとしての講師やインストラクターの人も増えてきています。もちろん、女性講師、女性インストラクターも増えてきています。

なかには、講師として活躍されている女性も多く居ます。人前で話すということは、自分の姿が人の目に映るということです。自身が話していることを浸透させるためにセルフブランディングを考える講師やインストラクターの人も増えていますし、見た目の印象、好感度というのはとても重要です。

昨今、見た目の良さ、好感度の良さは、とても重要視されています。

 

セルフブランディング

セルフブランディングという言葉が使われるようになったのは、まだ最近のことです。企業や会社などの組織に属することなく、個人で活動している人が、自分のチカラで自身をプロデュースしプロモーションをすることです。

セルフブランディングの目的としては、自身の認知度アップです。認知度が高まれば、その人の出来ることが見てきますし、自然とお仕事の依頼も多くなります。

セルフブランディングに必要となるのは、自身の知識、経験などのスキルやナレッジだけではなく、見た目の良さだったり、気配りだったり、細やかな気遣いだったりすることもあります。セルフブランディングをしようとしている人は男女に関わらず、服装や身だしなみに気を使っている人が多いのも事実です。

補整下着をつけて彼氏とデート

私の体験談なのですが、補整下着を付けて彼氏とデートをしたことがあります。何度かデートをしていた男性ですので、それなりにお互いの気持ちとしては、好意を持っていました。お互い気持ちが向いているなというのが感じ取れれば、女でこちらもデートの時は、服装に気を付けます。服装だけではなく、見た目からは判らない下着にもこだわりを持つのは当たり前です。

補整下着を付けていると、お腹まわり(胴まわり)を絞って、引き締めます。その上から服を着ているのですが、実際のところお腹まわりは補正下着をつけているので、服の上から触ってみると、硬いんです。

彼氏に抱き寄せられたときに、腰回りに腕が巻き付いてきたなと思ったんですが、男性は腰だと思っているのでしょうが、実は腰ではなくてお腹(脇腹)なんですよね。そこは、補整下着で絞っているところ。きっと、相手の男性も抱き寄せた瞬間に何か硬いなと思っていたかもしれません。

補整下着をつけていなかったら、弾力性のある身体だなと思われていたかもしれません。むしろ、補整下着をつけてなかった方が良かったのかもしれません。今となっては、どちらが良かったのかは判りません。

補整下着が好きな彼氏・男性

補整下着が好きな男性も居るようです。女性としては、自分の体型が崩れているのを知られたくないから、隠そうとしてします。ですが、男性と女性では少しだけ感じ方が異なるようです。

補整下着は女性としての色気が無いと言われるのは、補整下着のイメージがどうしても、加齢を感じさせるものだからでしょう。また、補整下着=ベージュ色というイメージが強くあり、下着の色から感じるイメージが良くないということです。これは、あたし自身の経験です。全ての男性が補整下着が嫌いだという訳ではありません。補整下着でスタイルアップ&セクシーアップで彼を悩殺? 曲線美は女性の美しさと色気を演出させてくれます。
 

補整下着が好きな彼氏・男性

補整下着が好きだという彼氏、男性を見分けることは殆どできません。
それは、とても難しいです。

ただ、補整下着が好きな彼氏・男性は、補整下着が好きなのではなく、彼女の綺麗な曲線美のある整った体型に魅力を感じていることが多いです。自分が好意を持った相手の女性がモデルのようなスタイリッシュな体型であれば、嬉しくなるに決まっています。引き締まった脇、くびれた腰、豊かなバストに魅力を感じています。女性でいえば、男性の引き締まった腹筋とか、筋肉に惹かれるのと似た様な感覚を持っているようです。

もちろん、補整下着のデザイン性も魅力アップの手伝いをしているはずです。

女性として補整下着であることを感じさせない可愛らしくてキュートなデザインであれば、女性としての魅力をアピールすることができます。どんなに派手な下着でも、弛んだ身体にブラのホックやショーツが食い込んでいるのを見せつけられたら、男性もガッカリしてしまうかもしれません。

 

体型を綺麗にする努力が良い?

補整下着をつけていることが、良いとか悪いとかではなくて、女性として自分の体型を気にして、綺麗に整えようとする美意識に好感を持つ男性は多いです。それは、綺麗になろうとしている女性の努力が見えてくるからなのでしょう。女性ならば判るはずだと思いますが、エステに行ったり、お肌の具合を常に意識してメンテナンスをしておくことで、綺麗な肌となります。体型も同じことが言えます。綺麗なボディラインにしようと意識をしておくことで、女性らしい魅力的なボディラインをつくることができます。女性の美意識の高さが、男性の心を惹きつけているのでしょう。

 

お洒落と補正機能を兼ね備えて

最近の補整下着は、補整をしていることを感じさせない、お洒落でキュートなデザインが増えています。下着というよりは、ランジェリーというイメージが強いタイプもあります。ただ、肌を覆うための下着ではなく、補整するための下着でもなく、お洒落さと補正機能を兼ね備えた補整下着を選ぶことで、女性としての美しさを引き出すことができます。

補整下着と普通の下着の違い

補整下着と普通の下着の大きな違いは、お肉をおさめて整えることができるかの違いです。

普通の下着

一般的な下着というのは、重ね着するときの外衣の下に着用する衣服の事を指しており、肌に近く着る衣類のことです。下着と似た様な意味で使われるようになってきた肌着があります。肌着は、肌に直接つける衣類のことです。衛生面、肌の保護をするという意味があります。

靴下、シャツ、パンツなどは下着に分類されますが、本来は肌着です。

ブラジャーも下着に分類されますが、一般的なブラジャーは締め付けするものの、流れてしまうお肉をおさめて整えるという機能がありません。ですから、長期間に渡って流れてしまったお肉が体型の崩れなってしまいます。下着の選び方が間違っていると言われるのは、お肉をおさめることができずに、流れてしまって、間違った場所にお肉が留まってしまうからです。気になる人は自分の下着をチェックしてみては如何でしょうか。

補整下着

補整下着の場合は、簡単に言ってしまえば、お肉をさおめて整えることができます。そして、適切な位置でホールドすることで、美しい体型にみせることができます。補整下着は基礎衣類のことであり、ファウンデーションと呼ばれています。体型を補整するための下着という意味があります。

体にピッタリと張り付くような洋服を着ると体のラインが外見からでもはっきりと判ります。補整下着を着用することで、美しい体型に整えることで、ボディライン、シルエットを美しく魅せるという目的があります。ブラジャー、ガードルなども補整下着のひとつであり、ファウンデーションです。

お洒落で可愛い補整下着

補整下着というと、どうしてもあるていどの年齢に差し掛かった女性を連想させます。ですが、実際は年齢に関係なく、補整下着は女性であれば必要となります。年齢が若くても体型の崩れが始まっていると考えた方が良いです。判り易く言ってしまえば、ワイヤー入りのブラジャーは、整えることを目的としている側面もあることから、補整下着に分類されます。

最近は、補整下着でも可愛くて、お洒落なタイプが増えてきています。彼氏に見られても、可愛い下着だね、キュートな下着だねと言われるようなタイプもあります。補整下着は、ある程度の年齢に差し掛かった女性だけが着用するものではありません。

若いからこそ、早目に自分の体型を整えて、そして維持して、美しい体型の女性を目指していくことが大切です。

足か、お尻かわからない

女性が気にするのは、お尻が大きいとか小さいとか、大きさを気にすることが多いです。実際のところ女性は、男性に比べてお尻は大きいのが普通であり、当たり前なのです。ただ、お尻のお肉が垂れ下がってしまうと、だらしなく見えてしまいますし、太もものお肉なのか、お尻のお肉なのか判別できなくなってしまうこともあります。

足なのかお尻なのかわからないほどに太ももがパンパンになってませんか?

または、お尻のお肉が垂れ下がってしまって、太ももに流れていませんか?

足か、お尻か、わからない状態の事を「あしり」とも言います。

太もものお肉を引き締めて、お尻を上げることで、太ももとお尻の境目がはっきりしてきます。上を向いたヒップは健康的な雰囲気がします。お尻に移動させるには、ガードルが適しています。

ガードルは、お尻の形を整えるだけではなく、持ち上げて健康的なヒップを演出することができますし、お尻が大きくても上を向いて、太ももと判別できるような、くびれが作れていれば、女性らしい魅力あるスタイルとなります。

弛んでしまった、お腹はだらしなく見えますし、女性らしい腰のくびれが無くなってしまいます。お腹周りを引き締めるには、大きく2つの方法があります。ウエストニッパーか、ボディ・シェイパーを使うという方法です。どちらも、簡単に弛んだお腹を引き締めてくれるアイテムです。

胴回りを引き締めることで、ヒップとのくびれが自然とつくられます。そして、上からトップバスト、アンダーバスト、くびれたウエストと健康的なヒップがバランスよく美しい体型をみせてくれます。

ウエストニッパー

胸から下のラインを補整することができます。コルセットに近いタイプです。主には、お腹周りを引き締めることができます。ファスナー、またはホック式になっており、腹部に巻き付かせるように装着することができますので、手軽さがあります。

ボディシェイパー

ブラジャーとウェストニッパーが一体となっています。バストとウェストを補整することができます。
お洒落なボディ・シェイパーは、まるでキャミソールのようなスタイルとなっており、体型を補整するための下着とは思えないほど可愛らしいタイプもあります。魅力的なバストを演出しながら、腹部、腰回りを補整することができますので、魅力的なくびれが作られ、美しい曲線美となります。

ファウンデーションとは

ファウンデーションとは、基礎、または基礎衣類 という意味があり、衣類の下に着用します。
また、体型 ボディラインが崩れないように整えるという役目があります。昔から西洋では、基礎衣類である補整下着(ファウンデーション)を着用し、ボディラインを整えてから、フォーマルなドレスなどを着ていたという文化があり、ドレスアップをする際には補整下着(ファウンデーション)を着用することは、ごく自然なことでした。

Foundation Garment = ファウンデーション・ガーメント の 略で、ファウンデーションと呼ばれています。化粧品も、基礎化粧品の意味を込めて、ファンデーションと呼び、補整下着を意味するファウンデーションに近い意味があります。


ファウンデーションには、コルセット、ブラジャー、ガードルなど様々な種類があります。
これら、補整下着(ファウンデーション)は、女性としての美しさを魅了するために、ボディラインを整えて、体型を造形するという意味が含まれています。補整下着は単なる下着、肌着ではなく、体型を整える、ボディラインを美しくみせる、体型を整えるという役目があります。昨今では、ファンデーションとも呼ぶようになってきています。

女性の美しさは細い、太いではない

女性の美しさ、女性のスタイルの良さの基準のひとつとして、体が細い、体が太い というのがあります。平たく言ってしまえば、体型が細いのか太いのかということです。ただ、女性の美しさ、女性のスタイルの良さというのは、細い、太い だけで決め付けることはできません。

女性の美しさは、体が細い、太いではない

どうしても、女性の体の細さや太さなどを気にしてしまうのかということを考えると、女性らしい体の特徴である くびれ がハッキリしているのかどうかということがポイントになってきます。

太ってくると、ウエストが太くなり、お腹も出てきてしまうこともありますし、脚も太くなってきます。となると、女性らしい、体のくびれが見つからなくなり、女性としての美しさが半減してしまいます。ですから、本当は痩せているから良いという訳ではなく、女性らしい体のくびれを維持していることが大切であるということです。

多少、太くても全身のバランスを整えることで、女性らしさを演出することができます。全身のバランスを整えるというのは、背中の肉、お腹の肉、脇の肉などの無駄肉を補整下着で引き締めて、体型を整えることです。ふくよかな女性なれば、ふくよかでありながらもバランスの取れた体型に整えることができます。

女性は、もともと美しい体型を持っている

体が細い、体が太い ということは女性の美しさには、あまり関係はありません。もともと、女性は美しい曲線美の体型を持っているのですから。

ただ、今まで自分の体型に気を遣ってこなかった場合は、バストやヒップが下垂してしまっていることもありますし、脚が太い、腕が太いという悩みを抱えている場合もあります。もともと、女性はある程度の肉付きがあり、ふくよかな体をしています。それは、いずれは子供を宿すための準備ともいえますし、女性ならではの宿命です。

ふくよかで肉付きが良いのであれば、自分の体型を把握して、女性特有の曲線美である体のラインを美しくすることで、バランスのとれた体型にすることもできます。豊かなバスト、大きなヒップ、だけど深く括れたウエストを演出することができます。補整下着を着用すれば、体型を整えて、美しいボディラインにすることができます。

細い女性が良い、細い女性の方が綺麗だと言われる理由としては、体は細いけどバスト、ヒップが大きく出ていて、女性らしい体のくびれが魅力的なのでしょう。

自分の体型を把握して、自分らしさを追及することが大切です。
そのお手伝いができるのが補整下着です。

補整下着の役割

補整下着で体型を整えることはできますが、あくまでも補整下着を着用しているときに限ります。衣服を着たときに、外観として体のラインがはっきりと窺えます。外見から衣服のシルエットを美しく見せるために整えるのが補整下着の役割です。体に変化を与えたりするわけではありませんので、ご注意ください。

下垂したバスト を デコルテメイク する ブラジャー

エイジング世代の女性の中でも最も気になるのがバストの下垂です。バストは顔に近い部位ですから、目に付きやすいということもあり、気にされる女性はとても多いです。また、垂れ下がってきたバストというのは、自分でも気になるものです。自分が気にしているのですから、他人も気づいているかもしれないと思ってしまうものです。自分の体型を気にして、その体型を元の美しい形に戻そうと考えているのであれば、デコルテメイクするブラジャーがオススメです。

バストは顔の近いということもあり、目につきやすいということもあり、女性がもっとも気にする部位です。バストの悩みといえば、胸が垂れ下がってしまった、脇の肉が気になる、バストのお肉が背中に流れてしまったなどがあります。

とくに、トップバストが下がってくると魅力的なバストが台無しになってしまいます。場合によっては、トップバストかアンダーバストなのか判らない状況になってしまうこともあります。デコルテメイクで魅力的で豊かなバストを!
 

デコルテメイクするブラジャーで魅力的な胸元をつくる

下垂したバストを寄せて、上げます。美しいバストの黄金の三角形がつくられます。しっかりと、谷間がつくられますので、女性としての魅力が蘇ります。ブラジャーはバストが揺れないようにするだけではありません。自分のサイズに合わせたブラジャーを使用し、自分のバストの形を整えるという役割があります。ブラジャーの使い方、ブラジャーのサイズを自分に合わせて、適切な使い方をすることが大切です。